リーシング戦略

オーナー様からお預かりした大切な物件を、プロの目で運営していきます!
アートアベニューは、あくまで「オーナー様の代理人(エージェント)」として業務を遂行します。
仲介業(ブローカー)と管理業(プロパティマネジメント)とを明確に線引きし、あくまでも運用管理者(プロパティ・マネージャー)の立場を貫きます。
オーナー様の財産を大切にお預かりし、効率よく収益を還元し、資産を向上及び保全するよう務めます。

賃貸運営も立派な事業。運営のプロにお任せ下さい。
管理の有無は10年、15年先に必ず形となって現れます。
入居率を維持する方法
入居率を維持するため重要なことは、単純ですが以下の2つです。
1. 良質な入居者様に長く住んでもらう。
2. 新規入居者を効率よく獲得する。
アートアベニューでは、以下の方法で入居率保持と効率的な新規入居者獲得に努めています。
1. 良質な入居者様に長く住んでもらう
プロコール24 大切な入居者様に「安心」「快適」に暮らしていただけるよう「プロコール24」が24時間・365日サポートいたします。
再契約型定期借家契約 「再契約型定期借家契約」により、不良借家人を排除し、ご入居者様にとって良好な住環境を提供いたします。
ご入居者様も参加できるイベントの開催 ご入居者様もご参加いただけるイベント等の開催により、交流を深め入居者保持に努めています。これまでも、座談会やクリスマスパーティー、寄席などに多くのご入居者様がご参加いただきました。
2. 新規入居者を効率よく獲得する
入居者保持に努めていても、解約はどうしても一定数出てしまいます。
そこで重要になるのが、解約から新規入居者契約までをより効率よく行うことです。

アートアベニューでは、以下の方法で新規入居者獲得に努めています。

解約~募集開始

アートアベニューでは解約から募集までのスピードを重視しています。 お部屋が解約になった場合には以下の2点に力を入れ、的確なアドバイスをさせていただきます。

1. 市場動向に合わせた、賃料の提案
2. 多角的に物件を検証。リノベーション提案等   詳しくはこちら

募集図面は、時代のニーズに合わせるため、入居者の意見を取り入れた図面フォーマットを作成し、使用しています。
また、ネット広告でも多くの写真や室内の動画を掲載し、お部屋を見たいと思わせる募集に努めています。

募集開始~契約

新しい入居者様へお部屋を紹介するために募集を開始します。
入居者募集は次の図の流れに沿って行っています。 入居者募集の流れ
募集開始から契約までに重要なことが5つあります。ここでその5つをご紹介します。

仲介業者との関係づくり

客付力のある仲介業者へ徹底的な営業、提携協力仲介会社との懇親会の開催、丁寧な電話対応など、仲介業者と良好な関係をつくっています。

営業戦略

営業会議を定期的に行い、物件ごとのリーシング戦略をたてるため、適切な募集活動を行うことができます。 営業会議では、アンケート等による入居者ニーズや市場動向の分析を行います。
また、物件写真を専属のスタッフが撮影し、より良い物件写真の掲載を行っています。物件周辺の情報を収集し、物件専用のパンフレットを作成することもあります。
最近では、上図のように仲介業者を介さない入居者との直接の契約も行っております。

インターネット掲載

他社でも掲載を行っているインターネット媒体(レインズ・アットホーム・SUUMO・ヤフー不動産)への掲載はもちろん、アートアベニューでは、仲介業者専用サイトを開設し、毎日情報を更新しています。

審査

入居審査は、申込者の情報を収集分析し、良質な入居者様を選定しています。 万が一、悪質な入居者様がいても、再契約型定期借家契約を結ぶため対策が取りやすいことが特徴です。
再契約型定期借家契約とは…? 詳しくはこちら

契約書

契約には、不動産コンサル会社と提携することで、法改正に随時対応した独自の契約書を使用しています。

契約後

始めにお伝えしたように、一定数はどうしても解約になります。
しかし、アートアベニューでは入居者様とも関係を築き、テナントリテンション(入居者保持)の為に、クリスマスパーティや入居者座談会を開催しています。

また、24時間365日対応のコールセンターで、入居者様の不安を迅速に解消します。
詳しくはこちら
▼詳細は、以下よりお問い合わせください。
まずはお気軽にご相談ください
  • 藤澤facebook
  • アートアベニュー公式ブログ~誰かがどこかで何かしら~
  • 片平の「賃貸管理の現場からこんにちは!」
  • 後藤の「解決!大家さんお助けコンサルタント」
  • アートアベニュー&オーナーズエージェント部活動ブログ
  • 賃貸管理コンサルティング「オーナーズエージェント株式会社」